2018年 木曽岬小学校様子
 学校の森 B2018.6.8
スイレンも咲き始めました。
赤と白の花があり、つぼみも大きく膨らんでいます。
見ごろは、インターナショナルデーの頃かな?
来校時は、学校の森も見てください。

 学校の森 A2018.6.8
桑の実も紫色に色づき始めました。
昭和40年ごろは、日本も蚕の飼育が盛んで、桑の木が道端に植えられていました。蚕は、桑の葉を食べて育ちますが、食欲は大せいですぐ葉を食べてしまいます。私が子供の頃は、学校で飼育観察をしていました。
桑の木は、今では大変少なくなってきており、「桑の実を食べる」経験も少ないと思います。
学校の森の桑の木は、日当たりが少し悪いので実の色づきが遅いですが、もう少しすれば食べられそうです。

 学校の森 夏@2018.6.8
学校の森の樹木も少しずつ夏らしくなってきました。
クヌギの木から、樹液が出ていました。糖分も高そうで白く砂糖のように結晶しています。早速、生き物たちが姿を現しています。
小さな茶色いアリが群れを成して樹液を吸っています。ものすごい大群です。他にも、家庭で発生するより大きいショウジョウバエがいました。茶色と黒色の種類がいます。茶色のものは、目が赤いです。メスと思われるハエの腹は産卵のためか腹がパンパンにふくれています。これから、いろいろな昆虫たちがクヌギの木を訪れます。クワガタも来るかな?

 5年生 走る走る2018.6.8
クラス全員対抗リレーの勝負に負けた5Aが、その無念を晴らすために体力を付けようと「クラスみんなで運動場を1000周走ろう」という大きな学級目標を立て、走っています。休み時間や中には、放課後走っている児童もいます。
「何周になりましたか〜」と聞くと「もう、600周で〜す」と答えてくれました。ついこの前はじまった取組なのに、とても速いスピードで進んでいます。

 4年生 クラス遊び2018.6.8
休み時間には、クラス遊びをする学級があります。
今日は、4Aで何やら楽しそうにしていましたので、教室に入れてもらいました。
今日の遊びは、「これは、なんですか」という遊びで、班の代表者がホワイトボードにお題の絵を描き、それを他の人たちが当てるというゲームです。1問目は、「犬」「サル」「キリン」などの動物だったので簡単そうに答えていましたが、2問目になるとなかなかの難問もあり、絵を描く人も回答する人も困っていました。見かねた司会者が、「これは、海です」というヒントを与える場面もありました。
遊び係りの人が中心になって、楽しそうに遊んでいました。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7
[編集]