2017年 木曽岬小学校様子
 校内作品展 3年生の部2017.12.13
廊下に迫力満点の巨大絵手紙が飾られています。はがきサイズの絵手紙を見ることはあっても、このサイズには驚きです。
題材には、カボチャ・さつまいも・大根などが選ばれています。
大根の作品には、こんな言葉が書かれていました。
「おいしいな 白いおはだの だいこんだ」
大根が美味しい季節になってきました。
木曽岬町の畑でたくさん作られています。

 校内作品展 1年生の部2017.12.13
今、学校の廊下には「校内作品展」の作品や見学まとめ新聞が飾られています。
1年生は、「にじいろのさかな」ということで、写真のような色とりどりで鮮やかな魚が描かれています。よく見ると1枚だけ光るうろこがあり、良いアクセントになっています。上手な色使いでとってもおもしろいです。

 1年 「トンネルを作ろう」2017.12.8
本日、小野田先生の出前授業で、新聞紙を使ったトンネルを作って遊ぼうという学習が行われました。机を土台に並べ替え、新聞紙で周りを覆いながら真っ暗なトンネルを作っていきました。作業のきまりとして、「新聞紙は切りません。テープで張り合わせません」というような指令を受けて作り出しました。
最後には、真っ暗なトンネルを一人ずつくぐり抜けました。写真は、できあがったトンネルと子ども達の様子です。

 6年 保健の授業2017.12.7
「姿勢による体への影響は?」と聞かれるとドキッとします。
本日6限目に養護教諭・松岡と菊間により、保健の授業がありました。体を支える背骨は30個の骨でできていて、頭や体を支えたり神経を守ったりしています。その背骨が曲がってしまうと内臓や脳にも影響があるそうです。写真は、内臓シャツを着た菊間先生が、悪い姿勢をしながら子ども達とその影響について考えている所です。
 授業の後半には、体のゆがみをチェックする場面がありました。目をつぶったまま、両手を大きく振ってその場足踏みを50回します。その場で足踏みができるといいのですが、猫背の人は前後に動いてしまいます。私もやってみましたが、なんと1mも前に進んでしまいました。完全な猫背です。一度、試してみてください。家庭でも、お子さんの姿勢について見てあげてください。

 食育の授業2017.11.8
4年生で、食育として「給食を作っている人たちの気持ちを考えよう」の授業が行われました。栄養教諭と担任がTT(ティームティーチング)の形で授業を進めていきました。最初に、給食が出来上がるまでに調理員、各生産者、運搬業者などがいることを確認し、主に調理員や米を作っている生産者のビデオをみて、その思いについて考えていきました。調理員は、700人程の給食を作るために、朝早くから勤務していたり、たくさんの材料を使って料理をしたりしていることを知りました。大きな鍋に驚きの声をあげている子どももいました。米作りをしている人からは、「自然が相手で、毎日が草との競争だ」という農業の厳しさや「美味しいものを作りたい」という生産者の願いの話もありました。子ども達の前に届く給食は、多くの人に支えられ作られていることを知る機会となりました。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13
[編集]