☆緊急時の保護者への連絡
1.連絡方法 地震・火災発生時や不審者侵入などの緊急時には以下の方法で連絡をさせていただきます。
1)木曽岬町町内放送
2)木曽岬小学校メール配信

2.火災・地震発生時の対応について 〔児童〕
校内放送を聞き、避難場所に移動する。移動時の約束として 「お(おさない・は(はしらない)・し(しゃべらない)」
→「お・は・しの約束」を守る。 〔教師〕

●地震・火災発生時共通の係
1)校内放送の係
2)児童引率係→発生時に授業をしている教職員
3)電話係(消防署、警察、町教育委員会)
4)避難場所確保係
5)救急救護の係→養護教諭
6)初期消火の係

●地震発生時の係
1)地震情報収集係
2)校舎内、運動場等の被害情報確認係
3)危険箇所の封鎖・安全対策を行う係
4)通学路の安全確認の係
 
☆台風・地震の時
台風等警報発令時の登下校ならびに解除後の授業の実施について 木曽岬町教育委員会 木曽岬小学校 ※ここでいう警報とは、特別警報、暴風警報、暴風雪警報をさします。「南海トラフ地震に関する情報(臨時)」が発令された場合は、教育委員会と協議し連絡します。
<警報解除の時間と授業の開始時間>
警報解除の時間 授業の開始時間
午前7時00分までに警報が解除された場合 通常どおり
・給食はあります。
・登校後は、通常の日課となります。
午前7時00分を過ぎてもなお警報が
解除されない場合
休校とします。

※通学路等の安全を確認後、正確な始業時刻は必ず広報とメール(登録者のみ)で連絡しますので、学校や教育委員会、役場への問い合わせはご遠慮ください。
<始業後に警報が出された場合>
できる限り早く下校・降園させます。ただし、状況によって、一時下校を見あわせ、学校・園で待機させることがあります。

<その他の注意事項>
@ 警報が解除されても登校・登園できない時は、教育委員会(広報無線放送等)から連絡をします。また、みなさんの家に大きな被害があった時には学校や幼稚園へ連絡してください。(電話など連絡が不可能な時を除く)
A テレビ・ラジオ・ネットなどで最新の情報を確認してください。
B 上記以外の警報の時はいつもと同じように登校・登園してください。
C すべての警報が解除されても、増水している川や池のへりに近づかないように、特にお子さんに指導をしてください。その他、道中の安全についてもよく指導してください。
※「南海トラフ地震に関する情報(臨時)」が発表された場合
気象庁は、暫定的な措置として平成29年11月1日より、「東海地震予知情報」や「注意情報」の発表をやめ、南海トラフ震源域でマグニチュード7以上の地震が発生した場合などに「南海トラフ地震に関する情報」(臨時)を出します。現在、国としての南海トラフ地震に対する新たな防災対応については、まだ定められていませんので、当面の間は、次のように対応します。
*「南海トラフ地震に関する情報」(臨時)が発表された場合は、教育委員会と学校で対応を協議し、その内容をもとに、状況に応じた下校措置や休校措置等の連絡をします。
台風等の警報発令時の対応について(教育委員会発行)資料はこちらから
  
Copyright© Kisosaki Elementary School All Rights Reserved.