き そ ま な ぶ
〜 家庭学習のてびき〜
 木曽岬小学校では、子どもたちの学力向上に取り組んでいます。子どもたちの学力向上をめざすうえで、毎日の家庭学習にしっかりと取り組ませることは大切です。家庭学習は、学校で学習した内容の理解をより確かなものにし、自分で学習する習慣を身につけることにつながります。家庭学習を進めていくためには、家庭の協力が必要になります。また、家庭と学校が協力し合うことで、家庭学習がより充実したものとなります。
◇各学年のねらい

 
 低学年(1・2年)では、宿題を確実にできるようにする。

 中学年(3・4年)では、宿題だけから、徐々に自主学習も取り入れる。
 高学年(5・6年)では、自分なりに自主学習する内容を考えて取り組めるようにする。

 ※木曽岬小学校では、家庭学習を「学校からの宿題」と「自主学習」ととらえています。
 
1. 規則正しい生活習慣を身につけさせる。
・「早寝」「早起き」「朝ご飯」
・しっかり運動する。
・学習の時間帯を子どもとの話し合いで決める。
・テレビを見る時間、ゲームをする時間を子どもとの話し合いで決め、守らせる。
・お手伝いをする。
・「おはよう」「おやすみなさい」などのあいさつをする。
2. 学習環境を整える。
毎日、家庭学習を続ける。
決まった場所で一定の時間集中して学習する。
テレビなどを消し、「ながら勉強」はさせない。
読書をする。
がまん強く、最後まで学習する。
学習が終わったら、明日の準備をする習慣をつける。
3. 家族のだんらんの時間をつくる。
学校の様子を話し合う。
やったことを認め、ほめたり励ましたりする。
困っている時は、相談にのってあげる。
学年に応じて、家庭学習の大切さについて話し合う。
4. 家庭学習の時間のめやす
低学年(1・2年生)20分間
中学年(3・4年生)40分間
高学年(5・6年生)60分間

 
おうちでのべんきょう
基本的な学習習慣を身につける
【お家の方へのお願い
「学校から帰ったらすぐに宿題をする。終わったら、忘れないように明日の時間割と準備をする」家庭学習の習慣づけができるように、お子さんを見守り、根気強く取り組めるように、ほめ励ましていただきたいと思います。
お家の方へのお願い
「学校から帰ったらすぐに宿題をする。終わったら、忘れないように明日の時間割と準備をする」家庭学習の習慣づけができるように、お子さんを見守り、根気強く取り組めるように、ほめ励ましていただきたいと思います。
【家庭学習を始める前に
1.
2.
3.
学校からの手紙や連絡をお家の人に見せよう。
机の上やまわりをせいとんしよう。
テレビやゲーム、音楽などは消しておこう。
 
【家庭学習が終わったら
1.
2.

机の上を片付けをしよう。
明日の学校の準備をしよう。
・時間割をあわせる。
・えんぴつをけずる。
・持ち物を用意する。
・時間をみつけて、読書をする。
 
【各学年のおうちでの勉強
・1年生   ・2年生   ・3年生   ・4年生   ・5年生   ・6年生
↑上へ
1 年 生
【学校からの宿題
1.


2.



3.



4.



5.
プリント
最初に名前を書き、ていねいな文字で最後までする。

本読み
習っているところをすらすら読めるように、声を出して繰り返し練習する。
お家の人に聞いてもらい、本読み欄にサインしてもらう。

ひらがな・カタカナ・漢字の練習
習ったひらがな・カタカナ・漢字をノートやプリントに練習する。
ていねいに書き、筆順に気をつける。

計算・計算カードの練習
数字はゆっくり正しく書く。
計算は速く正しくできるように練習する。

日記
自分がしたことを思い出して書き、その時の気持ちも書く。

↑上へ
2 年 生
【学校からの宿題
1.


2.



3.


4.



5.
プリント
最初に名前を書き、ていねいな文字で最後までする。

本読み
習っているところをすらすら読めるように、声を出して繰り返し練習する。
お家の人に聞いてもらい、本読みカードにサインしてもらう。

漢字の練習
ていねいに書き、筆順に気をつける。

計算の練習
数字はゆっくり正しく書く。
計算は速く正しくできるように練習する。

日記
自分がしたこと、見つけたこと、考えたことを書く。
その時の気持ちも書く。

↑上へ
3 年 生
【学校からの宿題
1.


2.




3.




4.




5.



6.
プリント
最初に名前を書き、ていねいな文字で最後までする。

本読み
習っているところをすらすら読めるように、声を出して繰り返し練習する。
物語文は登場人物の気持ちや情景を想像して読む。
お家の人に聞いてもらい、本読みカードにサインしてもらう。

漢字の練習
漢字ドリルを見てノートに書く。
「とめ」「はね」「はらい」に注意してていねいに書く。
筆順に気をつける。

計算練習
計算ドリルをノートにする。
計算は速く正しくできるように練習する。
まちがえた問題を直す。

日記
その日の出来事や考えたことを書く。
その時の気持ちも書く。

その他
自主学習もできる子はやってみよう。
習った漢字や計算などをする。

↑上へ
4 年 生
【学校からの宿題
1.


2.




3.



4.



5.



6.
プリント
最初に名前を書き、ていねいな文字で最後までする。

本読み
習っているところを何回読むか自分で決めて、声を出して繰り返し練習する。
物語文は登場人物の気持ちや情景を想像して読む。
お家の人に聞いてもらい、本読みカードにサインしてもらう。

漢字の練習
漢字ドリルを見てノートに書く。
「とめ」「はね」「はらい」に注意してていねいに書き、筆順に気をつける。

計算練習
計算ドリルをノートにする。
計算は速く正しくできるように練習する。

日記
その日の出来事や考えたことを書く。
その時の気持ちも書く。

自主学習 チャレンジしてみよう!
・漢字ドリル、計算ドリルを繰り返しやって、答え合わせを自分でする。
・国語辞典を使って、言葉の意味を調べる。
・その日に学習したところの問題を練習する。
・学習したところの要点や図・表からわかったことをまとめる。
・テスト勉強
・ワーク、テスト、プリントのまちがい直し

↑上へ
5 年 生
【学校からの宿題
1.


2.




3.



4.



5.


6.
プリント
最初に名前を書き、ていねいな文字で最後までする。

本読み (音読)
明日学習する国語の教科書を声を出して繰り返し練習する。
物語文は登場人物の気持ちや情景を想像して読む。
お家の人に聞いてもらい、本読みカードにサインしてもらう。

漢字の練習
漢字ドリルを見てノートに書く。
「とめ」「はね」「はらい」に注意してていねいに書き、筆順に気をつける。

計算練習
計算ドリルをノートにする。
計算は速く正しくできるように練習する。

作文
テーマにそって、自分の考えたことを書く。

自主学習 各教科「予習」と「復習」を行うとよい!
・漢字ドリル、計算ドリルを繰り返しやって、答え合わせを自分でする。
・国語辞典を使って、言葉の意味を調べる。
・その日に学習したところの問題を練習する。
・学習したところの要点や図・表からわかったことをまとめる。
・テスト勉強
・ワーク、テスト、プリントのまちがい直し

↑上へ
6 年 生
【学校からの宿題
1.


2.




3.



4.



5.


6.
プリント
最初に名前を書き、ていねいな文字で最後までする。

本読み (音読)
明日学習する国語の教科書を声を出して繰り返し練習する。
話の筋を考えながら読む。
お家の人に聞いてもらい、本読みカードにサインしてもらう。

漢字の練習
漢字ドリルを見てノートに書く。
「とめ」「はね」「はらい」に注意してていねいに書き、筆順に気をつける。

計算練習
計算ドリルをノートにする。
計算は速く正しくできるように練習する。

作文
テーマにそって、自分の考えたことを書く。

自主学習 各教科「予習」と「復習」を行うとよい!
・漢字ドリル、計算ドリルを繰り返しやり、答え合わせを自分でする。
・国語辞典を使って、言葉の意味を調べる。
・学習したところの要点や図・表からわかったことをまとめる。
・テスト勉強
・ワーク、テスト、プリントのまちがい直し(問題文を書く)
↑上へ


  
Copyright© Kisosaki Elementary School All Rights Reserved.